OSS Consortium


 

日本語 | English
Top > メールマガジン > バックナンバー

メルマガバックナンバー

バックナンバー >> Article details

2017/03/04

.NET開発基盤部会の紹介やセミナー開催のご案内

| by:sugimoto
■□━━━━━━━━━━━━━━━━□ http://osscons.jp/ 2017/03/01
□     --- OSSコンソーシアム NEWS vol.082 ---
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
こんにちは。
OSSコンソーシアム事務局の矢崎和です。

少しずつ暖かくなってきて、だんだんと日の入りが長くなってきましたね。
寒暖差も落ち着いてきて、春がもうすぐですね(´▽`*)

今回の部会紹介は【.NET開発基盤部会】です。
.NET用アプリケーションフレームワークであり、現在はOpen棟梁プロジェクトに
よってフォークされGitHub上のリポジトリに格納されている「Open棟梁」の
コミュニティ運営やサポートの提供等を行っています。
利用をされている方、ご興味のある方はぜひ参加頂ければと思います(^^)/

それでは、今回のお知らせとご報告です。よろしくお願いいたします。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
セミナや部会、OSS関連の最新情報をお届け♪
http://twitter.com/osscons
https://www.facebook.com/ossConsortium
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇ CONTENTS ◇◇

★ 部会紹介【.NET開発基盤部会】
★【3/10】 システムインテグレータの働き方をシフトする、新しい自動化活用
      In オープンソースカンファレンス2017 Tokyo Spring
★【3/15】 Ansibleを活用しインフラ構築を自動化(Infrastructure as Code)した、
      プロジェクト工期短縮事例 ~インフラエンジニアの働き方をSHIFTする~
★ 会員さまからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
□ 部会紹介 【.NET開発基盤部会】
■+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

  ".NET開発基盤部会"は、"Open棟梁"という開発基盤のOSS化とともに
2014年に発足した部会で、.NET技術を中心とした各種開発技術のリサーチ、
開発基盤の整備、技術サポートなどを行っています。
  Open棟梁は、2007年から累計、100件以上のSI案件に導入されてきた
エンタープライズ向けのビジネス・アプリケーション開発基盤です。
ビジネスロジック層、データアクセス層を、標準化されたアーキテクチャで
実装可能で、このビジネスロジック層以下を、多様化の著しいフロントエンド
(UIサブシステム)に対してアウトプットできます。
これにより、"新技術導入"と"生産性向上"を両立します。
  2016年度は、SI事業からサービス事業へのトランス・フォーメーションを支援するため、
"サービス事業者との協創によるスタートアップ"にチャレンジしてまいりました。
結果として、スタートアップは継続中ですが、この試みにより、"サービス開発基盤"が
開発され、2016年度末にリリース予定の"Open棟梁2.0"で提供予定です。
このサービス開発基盤はOAuth 2.0拡張によるシングルサインオンが可能な
認証基盤で、今後は、決済サービスとの連携を模索するなどして、
SoR(※1)とSoE(※2)・SoI(※3)の融合を実現させる、
新しい開発基盤として進化していく予定です。

※1 SoR (Systems of Record)     : 従来の基幹系システム
※2 SoE (Systems of Engagement) : バリュー・チェーンを強化する繋がりのためのシステム
※3 SoI (Systems of Insight)    : 新たな知見から洞察を得るためのシステム

.NET開発基盤部会は、部会会員を募集しています。

.NET 開発基盤部会 - お申込み - OSSコンソーシアム
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/inquiry/
・活動中ワーキング
 ・有償サポートワーキング
  Open棟梁の導入サポートを行なうワーキング
 ・サービス開発ワーキング
  協創によるスタートアップを行なうワーキング

□+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
□ 3/10  システムインテグレータの働き方をシフトする、新しい自動化活用
□     In オープンソースカンファレンス2017 Tokyo Spring
■+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

  システムインテグレータの働き方をシフトする、新しい自動化活用
   In オープンソースカンファレンス2017 Tokyo Spring

クラウドの活躍はめざましいものがあります。
そのメリットをより多く享受するために、システム構築・運用の自動化、
さらにはインフラストラクチャのコード化技術を正しく認識し、活用する必要があります。
ユーザ自身も気付き始めていますが、システムインテグレータもここは
避けてとおれない状況になってきており、SIのやり方を"転換"するきっかけにもなっています。
本公演では、システムインテグレータの"転換"にむけての取り組みや、
活用シーンをお伝えいたします。

詳細:https://www.ospn.jp/osc2017-spring/modules/eguide/event.php?eid=16

□+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
□ 3/15  Ansibleを活用しインフラ構築を自動化(Infrastructure as Code)した、
□   プロジェクト工期短縮事例 ~インフラエンジニアの働き方をSHIFTする~
■+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

・プログラム
15:00 受付開始
15:30 TISのOSSへの取り組みと、エンタープライズ向けOSSサポートについて
    TIS株式会社 IT基盤技術推進部 OSS推進室 室長 溝口則行
15:40 注目の構成管理ツール「Ansible」と「Ansible Tower」とは
    レッドハット株式会社 テクニカルセールス本部 ソリューションアーキテクト
    Ansible / CloudForms エバンジェリスト 平田千浩様
16:10 【SIerも逃げられない】Ansibleによる自動構築事例と活用のスタンダード化
    TIS株式会社 IT基盤技術推進部 主査 浪川英雄
16:40 インフラエンジニアの働き方を「SHIFT」する~撲滅!長時間労働~
    TIS株式会社 IT基盤技術推進部 OSS推進室 倉持健史
17:10 「Infrastructure as Code(IaC)」成功へのポイントは?(ディスカッション)
    各講演者、マジセミキャスト
17:40 終了

詳細:https://osslabo.doorkeeper.jp/events/57310

□+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
□ 会員さまからのお知らせ
■+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

◎LPICレベル3 303 Security 技術解説無料セミナー【 3月11日(土)】
http://www.lpi.or.jp/news/event/2017/03/event_20170311_01.shtml

◎LPIC レベル3 304 Virtualization & High Availability
 技術解説無料セミナー【 3月18日(土)】
http://www.lpi.or.jp/news/event/2017/03/event_20170318_01.shtml

◎OSS-DB Exam Gold 技術解説無料セミナー【 3月19日(日)】
http://www.oss-db.jp/news/event/2017/03/event_20170319_01.shtml

◎HTML5プロフェッショナル認定試験
 Level2ポイント解説無料セミナー(Ver2.0)@大阪【 3月20日(月)】 
http://html5exam.jp/news/event/page2349.html

◎HTML5プロフェッショナル認定試験 
 レベル1ポイント解説無料セミナー【 4月15日(土)】
http://html5exam.jp/news/event/page2315.html

◎LPICレベル2技術解説無料セミナー(Ver4.5)【 4月22日(土)】
http://www.lpi.or.jp/news/event/2017/04/event_20170422_01.shtml

◎LPICレベル1技術解説無料セミナー【 4月23日(日)】
http://www.lpi.or.jp/news/event/2017/04/event_20170423_01.shtml

□+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
□ 編集後記
■+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
最後までお読み頂きありがとうございます!!

17日に関東で春一番が観測されましたね♪
春一番が吹き暖かくなってくると、花粉の季節がやってきますね。
電車でマスクをしている人が増えてきた気がします!

周りの方に花粉症が多く、苦しそうにしているのを見かけます(@_@)
私はこの時期に必ず鼻・喉風邪で熱をだすので三大症状「くしゃみ・鼻水・目がかゆい」
がない花粉症かな?と思っていましたが、鼻水がさらさらではないので
やはりただの風邪のようです(>_<)

対策はマスクやメガネはもちろん、食べ物でも効く食べ物と悪化させる食べ物が
あるそうです。飲み物ははルイボスティーが有名ですよね♪
また、一瞬で鼻づまりを解消する方法等もインターネットで紹介されているようです(^^♪
花粉症の方がより軽い症状でこの季節を乗り越えることをお祈りしています!!

それでは、次号もどうぞよろしくお願いいたします。(矢崎)
★…☆…★…☆…メルマガへの感想をお聞かせください…★…☆…★…☆…★
OSSコンソーシアムでは、会員様同士の情報共有化など、メルマガを通してお
役に立ちたいと存じます。メルマガに関しまして、ご意見・ご要望等ございま
したら、ぜひお寄せください。
staff(at)osscons.jp
皆様からのご意見、お待ちしております。
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
※ 掲載記事は、原文のまま転送・転載して頂いて構いません。

■バックナンバー
http://www.osscons.jp/ezine/backnumber/

■配信に関するご案内■
メールマガジン全般に関して
http://www.osscons.jp/ezine/

登録解除
http://www.osscons.jp/ezine/unsubscribe/
登録変更
★staff(at)osscons.jp★まで送付変更先アドレスをお伝えください。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
発行人:OSSコンソーシアム 理 事 杉本  等
編集 :OSSコンソーシアム 事務局 矢崎  和
Copyright(C)2016 OSS Consortium. All rights reserved.

09:51 | 2017