開発基盤部会 Blog

開発基盤部会 Blog >> 記事詳細

2019/07/12

右肩下がり時代に見い出せる新しい価値観。

Tweet ThisSend to Facebook | by:nishino
 前回の内容に続いて、タイトルだけを先に思いついて、内容をどうしようかな?と。丁度、今、OSSコンソーシアム 2019 総会の基調講演(令和におけるICTの展望)を聞いていて、...何となく、生産年齢人口も減少し、経済規模も縮小し、令和は昭和と逆、言う事で、列挙すると、



  • 効率性より利便性 → 利便性より効率性
    (生産性向上:選択と集中、規模の経済)
    • 客(カスタマー & コンシューマ)より
      → 従業員(エンプロイー & サプライア)が大事
    • プロフィットより → ベネフィット(ES / CS)が大事
    • 責任より → 透明性(組織、プロセス、仕組み)が大事



 等があり、なんとなく、前回も書いた、「客(カスタマー & コンシューマ)より → 従業員(エンプロイー & サプライア)が大事」の背景には、今迄、「事業を良くしていきたい。」と思っていても、なかなか、労働集約的事業を止めることが出来なかった根本原因である "売り上げ至上主義" を是正する法改正の意図が「プロフィットより → ベネフィット(ES / CS)が大事」辺りに透けて見える気がしました。

 そう考えると、バックオフィスにも脚光が当たる感じですが、一方で、だからって(予算が付くからって)、バックオフィスで怠けてイイって話じゃ無いよね?なんて思ったりします。因みに、私は、バックオフィスのサポート部門で開発基盤を開発し、コレをフロントオフィスに提供しており、怠けてるつもりはあんまり無いかなー。等と思っています。
09:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ご報告