開発基盤部会 Blog

開発基盤部会 Blog >> 記事詳細

2019/12/02new

オンプレSIが無理ゲーに成り行く世界観。

Tweet ThisSend to Facebook | by:nishino
 昨今、サポート・エンジニアで
 初歩的な Q&A をしていると、

 「オンプレSIのキャパシティが現時点で十分でない場合、ここから、キャパシティを伸ばしていくのは大変だな(と言うか、無料ゲーだな)。

 なんて思ったりします
 (ググれよ。とか思ったり)。

 ...と言うのも、今後、若手(生産年齢人口)も減っていく中で、生産性の維持(一人当たりの生産性は向上)が必要になるので、従来の日式が得意としていた「労働強化によるキャパシティ向上」という手段は選択できなくなったので(働き方改革の影響もあり)。

 ...と言う事で、今年度からは、スキーム変更が加速している感がありますが、恐らく、オンプレSIは、クラウドSI → SaaSにシフトして行き、サポートは、サポート・エンジニアがクラウド環境に直接アクセスしてトラブル・シューティングするようなスタイルが一般的になるかもしれません。

 ...となると、従来型の、ライセンスのリセラー、構築パートナーなどのビジネスは厳しくなっていくだろうなぁ。という感覚です。昨今は、その代替として、「Cloud Solution Provider (CSP)」と言う種類のパートナーが出てきていますね。

<参考>


 ...と言うのを、テクニカル・サポートや、MPN (Microsoft Partner Network) の特典の変更などに対応している中で思ったりしました。やはり、従来型の、リセラー / パートナー向けのサポートは手薄になりつつあり、各種、クラウド・サービス(特にSaaS)向けのサポートが手厚くなって行く感があります。
09:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | ご報告