トップ > ビジネスアプリケーション部会

ビジネスアプリケーション部会

目的

オープンソースビジネスアプリケーションの積極的な普及啓蒙活動を行うことにより、各ビジネスアプリケーションの繁栄を図り、OSSの普及にも貢献する

参加対象

オープンソースビジネスアプリケーションに興味がある個人、企業、団体
オープンソースビジネスアプリケーションを既に利用している個人、企業、団体

活動内容

年間スケジュールの作成(イベントや活動進行表など)
部会会員のオープンソースビジネスアプリケーションの一覧を作成する
 一覧の項目:コミュニティ、開発元、サービス紹介ページ、ベンダー、ライセンス、ダウンロード数、想定規模、利用社数、価格レンジ、環境、機能など見込ユーザに対してオープンソースをアピール(オープンソースビジネスアプリケーションのメリット、デメリット表) 
ビジネスアプリケーション相談室を設置し、営利目的や案件ベースのお問い合わせはビジネスアプリケーション部会員への紹介 
部会員の構築事例の一覧を作成(ビジネスアプリケーション部会のフォーマットを作成
各ビジネスアプリケーションへのユーザ視点からの評価会の開催 
エンドユーザー向け展示会へ出展し、各アプリケーションのアピール 
QAデータベースの作成 
未発表事項の先行発表を行う(可能な限り)

活動対象

業務で使えるビジネスオープンソース全般
 例:ERP、販売管理、財務会計、人事給与、生産管理、在庫管理、CRM、SFA、勤怠管理、グループウェア、メール、ECM文書管理、E-learning、SNS、CMS 

活動方法

OSS業務アプリを紹介・活用方法を学ぶセミナー・ワークショップ
月1回の部会ミーティング

メリット&成果物

セミナー等を通してユーザ企業との接触が可能
自社製品、技術のアピール&メンバ企業との協業

体制

リーダー:
株式会社ゼンク 代表取締役 増田 芳憲
株式会社イージフ 杉本 琢磨