トップ > 部会活動

部会&セミナー情報

部会&セミナー情報 >> 記事詳細

2016/10/21

【11/25】 2016 Asakusa Framework Dayのご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:saisho
《 2016  Asakusa Framework Day 》
Hadoop/Sparkの分散処理を業務に活用するAsakusa Framework
〜最新の活用事例やAsakusa連携ソリューション
Asakusaの基本から進化の方向性をご紹介〜

 Asakusa Frameworkは従来のテクノロジーでは遅かったバッチ処理を、HadoopやSpark等の分散処理技術を活用して高速化する日本初の開発・実行用OSSフレームワークです。

 2011年公開当初は、分散処理エンジンがMapReduce(Hadoop)しか存在しなかったため、MapReduce専用のフレームワークでした。しかし、インメモリーにより更に高速化を実現したSparkにもフレームワークとしていち早く対応、さらに、フィックスターズ様との協業によりM³BPにて単一ノード/メニーコアの並列処理にも対応するなど、様々な分散・並列処理基盤に対応したマルチプラットフォーム対応のフレームワークに進化しています。

 Asakusa Frameworkは、データサイズや処理内容に最適な基盤を選択して、バッチ処理を開発することが出来ます。例えば「MapReduce(Hadoop)とSparkの両方で試してみたい」とか「今は、データがそれほど大きくないので、Hadoopのようなたくさんのハードウェアは不要で、まずは単ノードで活用したい」といった要望にも対応できます。

 本セミナーでは、改めて「現在のAsakusa Framework」をご紹介いたします。また、現在進められているベンダー製品との連携や検証等の最新情報をご紹介いたします。
 更に、Asakusa Frameworkの最新の方向性もご紹介いたします。

 ビッグデータ、IoTをキーワードにして実際の業務でHadoopやSparkの利用を検討中の方、HadoopやSparkを導入してみたが、思ったより高速化できない、活用できてなくて困っている方、バッチ処理時間が遅いと悩んでいる方、Asakusa Frameworkを改めて知りたい方まで、皆様のお申込をお待ちしております。


[セミナー内容]
・ご挨拶
Asakusa Framework 部会リーダー 才所 秀明  
・講演
「初歩から始めるAsakusa Framework」
株式会社ノーチラス・テクノロジーズ 白石章 氏  
 Asakusa Frameworkは、なぜ作られたのか?何が特徴なのか?再度、Asakusa Frameworkの基本的なところから、最新機能等までを、営業の方でもわかり易くお伝えします。

・講演
「エンタープライズでのHadoop/Spark本格活用を加速させる、
Oracle Big Data  ApplianceとAsakusa Frameworkの連携」
日本オラクル株式会社 大橋 雅人 氏  
 エンタープライズでのHadoop/Spark採用の高まりを受け、オラクルが提供するOracle Big Data Applianceの高度な機能をAsakusa Frameworkから利用する拡張機能の提供が開始されました。
 エンタープライズのすべてのHadoop活用を、より迅速に、より低リスクで実現可能とする両者の連携についてご紹介いたします。
 
・講演
「Asakusa Frameworkをメインフレーム上に食わせるとどうなるか?」
日本アイ・ビー・エム株式会社 藤岡 英典 氏  
 メインフレーム上のバッチ処理は言うまでもなく、基幹バッチとして丁寧に設計・実装・維持されてきた脈々と受け継がれている企業の資産です。この思想は、Asakusa Frameworkの基本的な思想に通じるものでもあります。そこで、メインフレーム上のAsakusa Frameworkでバッチ処理を実行するとどうなるのか、IBMの新しいSpark基盤である、Spark on z/OSとの組み合わせで検証した結果とノウハウをご紹介します。

・講演
「Asakusa Frameworkの今後の方向性」
株式会社ノーチラス・テクノロジーズ 神林 飛志 氏  
 Asakusa Frameworkは、Hadoopの新しい機能やエコシステムに合わせて進化をとげてきました。今後の並列・分散処理の行く末を見すえたAsakusa Frameworkの目指す進化の方向性について、ご紹介します。

[日 時]
2016/11/25(金) (開場 12:30)13:00-16:00 (予定)

[会 場]
東京都新宿区市谷仲之町4-39
市ケ谷健保会館・会議室 F室
(アクセス)
・都営新宿線「曙橋駅」下車徒歩8分
・都営大江戸線「牛込柳町駅」下車徒歩8分

[主催]
OSSコンソーシアム Asakusa Framework部会

[想定聴講者]
・Asakusa Frameworkに興味のある/適用を検討中の方
・バッチ処理時間の長時間化や遅延に課題をお持ちの方
・詳細・大量のシミュレーションの実現に向けデータ処理にお困りの方
・HadoopやSparkの最先端OSSの活用を検討中の方

[会費] 無料

[定員] 70名
(お申し込みが定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。 ) 

[お申込み]

12:00 | ご案内