開発基盤部会 Blog

開発基盤部会 Blog >> 記事詳細

2018/06/14

Open棟梁の評価・導入について。

Tweet ThisSend to Facebook | by:nishino
 Open棟梁をエンタープライズ・システム開発案件へ導入する場合の評価を行う場合、やはり、「質問できる場所」や「サポートの提供」が無いと厳しいですよね。と言うことで、以下に、Open棟梁の評価・導入に必要な、コレらの情報をまとめてみました。

<質問1>

 「上手く動作しない」、「仕様について確認したい」、などの質問があった場合、どこに連絡を取るのが良いのでしょうか?

<回答1>

 質問に関しては、コチラのメール・アドレスでもイイのですが、


 コチラの掲示板に書いて頂いてもOKです。


 みんなにシェアされるという意味では、掲示板(Googleグループ)の方がイイかと思います。緊急の際は、メールをご利用頂ければと思います。実際に、某ベンダ様が、案件への導入をしており、掲示板(Googleグループ)でQ&Aをしています。

<質問1>

 Open棟梁を利用する上で、情報収集は先ずココを見れば良い。など、有用なサイトがありましたら、教えて頂ければと思います。

<回答1>

 以下サイトの情報を使用して、セルフ・サポートでの評価・導入も可能と思いますが、立ち上げの時は、色々と、聞きたいことがあると思うので、上記のメール・アドレスやGoogle グループでドンドン質問して貰ってOKです。

基本的にコチラが参考になります。


それ以外に、以下が参考になると思います。


 最新情報や動向はブログ上でアナウンスしています。


<まとめ>

  Open棟梁は「社内治工具」発のプロダクトですが、OSS化を経て、「実績やサポート・コンテンツ」も多数揃い、更に、テンプレート・チュートリアルの整備、NuGetの活用により、「導入容易性」も高く、ある程度の信用を頂けるプロダクトになってきていると思います。

 しかし、 エンタープライズ界隈は「人的な 信頼に基づいた上で導入されるという側面が強い」ので、そこが壁ではあるかと思いますが、先ずは、上記でオンラインでの評価・導入を行ってみて、使えそうか・どうかを、ご確認頂ければと思います。また、エンタープライズ・システム開発案件へ導入する場合は、廉価な有償サポートも準備しております。
15:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)