開発基盤部会 Blog

開発基盤部会 Blog >> 記事詳細

2019/03/25

【Open棟梁 汎用認証サイト】FIDO 2.0 WebAuthnを正式サポートしました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:nishino
 これまで、「【Open棟梁 汎用認証サイト】FIDO 2.0 による生体認証をサポートしました。」と、「Security Key by YubicoというFIDO2.0認証器を評価する」の第(1)(2)(3)回を、お送りしてきました。

 ...が、時は流れて、ココのトコロ、ドラフト実装だったモノの正式実装版のリリースが相次ぎ、以前「汎用認証サイト」に実装した処理は、正確には、「Windows Hello + Microsoft Passport on Edge」だったんだよね。...と言える状態になって来たので、今回、各プラットフォーム & ブラウザで正式にサポートされつつある「FIDO2 + WebAuthn」で実装をリプレースしました。

 ライブラリとしては、前回言及したように.NETで唯一のFIDO 2.0 WebAuthnライブラリであるabergs/fido2-net-libを使用しました。

 で、以下がデモ動画で、


Demo: MultiPurposeAuthSite & FIDO2 (WebAuthn) 
Sign-in UX of Open棟梁 ver2

 と言う感じで動作します。

 よく「認証デモは地味。」と言われる様で、上記が何なのか?「なんだか解らないうちにデモが終わってしまった。」という話を聞きますが、簡単に説明すると、FIDO認証器と言う認証デバイスを使用して、パスワードレス・ログインを行うデモです。

 FIDO認証器としては、yubikeyなどが必要ですが、最近はスマホの画面ロック解除もFIDO認証器として動作するようで(、動画のコンテンツとは異なりますが)、例えば、ココのfido2-net-libさんのデモサイトにスマホでアクセスすれば、FIDO 2.0 (WebAuthn) のテストが可能です。

 色々と、遊んでみて、FIDO 2.0 (WebAuthn) がどんなものなのか?を確認してみるのも面白いかも知れません。
09:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | お知らせ