トップ > 部会活動

部会&セミナー情報

部会&セミナー情報
12345
2019/11/01

OSSデータベース取り取り時報第51回 (技術評論社 gihyo.jp)

Tweet ThisSend to Facebook | by:TIS株式会社
情報サイト“gihyo.jp”の連載記事 『OSSデータベース取り取り時報』の連載51回が掲載されました。


本号では次の内容を掲載しています。
  • 「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況」
  • MySQL 8.0.18 リリース
  • PostgreSQL 12 正式リリース,他
  • 開催予定のセミナーやイベント、ユーザ会の活動


12:00
2019/10/16

「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況」@OSC開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:TIS株式会社
2019/10/16: 4件の発表資料を掲載しました。
2019/10/31: gihyo.jpの記事でのセミナー報告掲載のお知らせを追記しました。
2019/11/1:   発表ビデオを掲載しました (2つ)。

10月10日(木),事前のお知らせのとおり,オープンソースカンファレンス2019.Enterprise(東京・渋谷)に出展しました。今回は,オープンCOBOLソリューション部会とデータベース部会が担当,両部会と他団体で特別企画セミナー「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況 ~もちろんOSS視点で~」を実施し,ほぼ満席となる多くの方にご聴講いただきました。


■このセミナーの概要

OSSコンソーシアムオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)の共同企画です。企業ITに使えるOSSの最新状況をお伝えするもので,今回はITモダナイゼーションの観点から、opensource COBOLでのOSSデータベース接続やDockerコンテナ対応の話と,代表的なOSSデータベースの最新情報をパッケージにしました。企業ITシステムのプラットフォーム選択の一助としていただけたのではないかと思っています。

■内容と発表者

 [1] ITモダナイゼーションとOSSデータベース 井坂 徳恭
東京システムハウス,
OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会
 [2] MySQL Update
 稲垣 大助
Oracle Corporation MySQL GBU
 [3] PostgreSQL12新機能紹介 北山 貴広
SRA OSS Inc. 日本支社,
OBCI
 [4] MongoDB Update
 有延 敬三
MongoDB
  (司会&火付け役)溝口 則行
TIS,OSSコンソーシアム副会長,OBCI理事

■内容について

「OSSデータベース取り取り時報」第51回 (技術評論社の情報サイト gihyo.jp) に,本セミナーの概要報告が掲載されています。是非そちらもご覧ください。







■発表スライド資料とビデオ

↓↓ 以下につづく ↓↓
 下記の『>>続きを読む』のリンク をクリックしてください。

13:00 | 開催報告
2019/10/01

★祝50号★OSSデータベース取り取り時報第50回 (技術評論社 gihyo.jp)

Tweet ThisSend to Facebook | by:TIS株式会社
情報サイト“gihyo.jp”の連載記事 『OSSデータベース取り取り時報』が連載50回を迎えました。ご愛読いただいた皆さん,発行にご協力いただいた皆さんに感謝申し上げます。


本号では次の内容を掲載しています。

・[お知らせ]OSC .Enterpriseにて特別セミナー開催
 「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況」

・Oracle OpenWorld 2019でのMySQLの話題

・db tech showcaseでのPostgreSQL情報ピックアップ


14:49 | ご案内
2019/09/30

10月10日,オープンソースカンファレンス2019 .Enterprise (東京・渋谷)出展

Tweet ThisSend to Facebook | by:TIS株式会社
OSC 2019 .Enterprise でOSSコンソーシアムの特別セッション!
 

企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況

~もちろんOSS視点で~


日時:2019年10月10日(木), 14:00〜16:00
会場:東京・渋谷、AP渋谷道玄坂渋東シネタワー
   (オープンソースカンファレンス2019 .Enterprise 内)

概要

OSSコンソーシアムとオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)の
共同企画です。
OSSの主要2団体が共同で「エンタープライス」っぽい共同企画を
実現しました。エンタープライズITに使えるOSSの最新状況をお伝
えします。今回はITモダナイゼーションの観点から、opensource
COBOLでのOSSデータベース接続やDockerコンテナ対応の話と、
代表的なOSSデータベースの最新情報をパッケージにしました。
企業ITシステムのプラットフォーム選択の一助としていただけると
思います。

ところで、この企画の登壇者はおじさんばかりですが、きっと同じ
時間帯の裏番組も同じくおじさんばっかりでしょう。OSCですから、
きっとこのセッションでは一般の商用イベントとは違って、遠慮と
か大人の事情とかの無い、他では聞けない話を仕入れていただける
のでは無いかと思っています。どうぞご期待ください。

内容と発表者

[1] ITモダナイゼーションとOSSデータベース
  講師:井坂 徳恭 (東京システムハウス、
     OSSコンソーシアム/オープンCOBOLソリューション部会)
[2] MySQL最新情報
  講師:稲垣 大助 (Oracle Corporation MySQL GBU、
     OSSコンソーシアム/データベース部会)
~ 休憩&雑談会 ~
[3] PostgreSQL最新情報
  講師:北山 貴広 (SRA OSS Inc. 日本支社、OBCI)
[4] MongoDB最新情報
  講師:有延 敬三 (MongoDB)

司会&火付け役

 溝口 則行 (TIS、OSSコンソーシアム副会長、OBCI副理事長)

★参加エントリは OSC .Enterprise のWebサイトから



  また上記の企画セミナーの他に、OSSコンソーシアムのメンバ企業
  によるセミナーも多数開催されます。

認証関連OSSのビジネス最新動向
 ~OpenLDAP、Samba、OpenAM、LibJeID~
 オープンソース・ソリューション・テクノロジ (OSSTech)

LinuC試験から学ぶセキュリティ入門
 LPI-Japan

ITインフラの可視化と自律化への2つの解決策 ~ 
 ①設定ファイルからのネットワーク構成可視化 
 ②情報集約×機械学習で目指す「次」がわかる運用
 TIS



13:45 | ご案内
2019/09/02

ついに5年目!OSSデータベース取り取り時報第49回 (技術評論社 gihyo.jp)

Tweet ThisSend to Facebook | by:TIS株式会社
情報サイト“gihyo.jp”の連載記事 『OSSデータベース取り取り時報』の第49回です。この号から5年目に入りました。

・MySQL Notifierのご紹介
・「EDB Postgres Vision Tokyo 2019」レポート
・「オープンソースカンファレンス2019 Kyoto」と,PostgreSQL 12の良質な情報
・9月以降のイベント情報



11:09 | ご案内
12345