トップ > 部会活動

部会&セミナー情報

部会&セミナー情報
12345
2022/11/01

EDB CEO Ed Boyajianさんとの対談 Part.2

Tweet ThisSend to Facebook | by データベース部会

「EDBはPostgreSQL開発コミュニティと共に進化する」〜 EDB CEO Ed Boyajianさんとの対談 Part.2


PostgreSQLの開発コミュニティの中心的な存在でもあり,また,拡張された機能やサポートサービスを提供しているEDB(EnterpriseDB)のCEOである,Ed Boyajian(エド・ボヤジン)さんと対談する機会がありました。

対談内容のおおむね半分くらいは,技術評論社のgihyo.jpで連載中の「OSSデータベース取り取り時報」第87回(2022年11月1日公開)に寄稿しました。gihyo.jpの記事では,データベース(DB)をOSSとして発展させることに努力されてきたこれまでの歩みや,広く使われることが求められる汎用DB提供者としての自信,コミュニティと共に成長することを大切にされている姿勢などについてまとめました。ただ,対談の全てをそちらの記事に掲載できませんでしたので,残りをこのブログに記します。

Ed Boyajianさん

・‥ ◇ ◆ ◇ ‥・

(溝口) デジタルトランスフォーメーション(DX)についてお話したいと思います。DXに際してはデータの活用がたいへんに重要になってきます。従来型のアプリケーションでは構築前にプログラムもデータもガッチリと設計して構築します。PostgreSQLの様なRDBとSQLによる処理は,その様な従来型のアプリケーションにはたいへんに強みを発揮しますが,デジタル変革を目指した場合には,柔軟なアプリや柔軟なデータ設計に対応できるようにしていく必要があります。この流れに対応していくために,EDBが新しい機能を組み込んでいったり,新しいツールを開発して提供していくようなことはあるでしょうか。

(Ed) DXで重要なことは,企業にせよ政府にせよ,いかにソフトウェアを使いこなしていくかが重要です。つまり,これまで以上に多くのソフトウェアを開発していくことになります。これから新たに開発していくものも含めてそれらの多くをPostgreSQLやEDBがサポートしていくことに変わりはありません。トランザクショナルなRDBというその部分はPostgreSQLのコアの部分であり,その役割は変わらずに担っていきます。
また,PostgreSQLは様々なデータタイプを扱うことができるのが特徴で,オブジェクト指向RDBという特徴を持っています。これはストーンブレーカー博士が創始した時からの特徴です。現在稼働している様々なアプリケーションを見ると,トランザクショナルDBはもちろん,GIOロケーションであったり,ドキュメントDBであったり,JSONBであったりという新しい使い方もあり,それらに対応していくことも必要なことです。これらにはPostgreSQLを拡張していくことによりキャッチアップしていくことになります。たとえばTimescaleDB(時系列DB向けの機能)などもその一例です。これまでのLinuxなどをみてみても,いろんな変化に対応できるようにするために,新しい技術を吸収していくことが求められるでしょう。

(溝口) その様に新しい技術を吸収していくと,PostgreSQLが巨大で複雑になるのとともに,EDBも今よりももっと大きく複雑なものになってしまいますね。

(Ed) DXの進展と共に,今とは違う機能が今後は求められることに,PostgreSQLの開発コミュニティとともにEDBもそれに答えられるように対応していくことになります。世界のどこにあっても同じPostgreSQLのデータベースを,どこのデータセンターでもクラウドサービスでも運用できるようになっていくでしょう。

(溝口) OSSは比較的小さな機能のものがたくさん存在してそれらを使い分けていくパターンと,Linuxの様に「様々な使い方にも対応できる巨大で強力なもの」の両方がありますが,PostgreSQLとEDBはその後者のパターンに進むのでしょうか?

(Ed) 各種機能は,DBMSの中に組み込まれていたり,DBMS本体の外部に出ているものもありますが,それらを一旦ひとまとめにして提供するのがEDBのアプローチになっています。管理機能や障害対応,互換性についての機能なども同様です。多くの顧客が一つのソリューション(製品)で多くのことができるようにして欲しいということを要望しています。

(溝口) これまでのEDBのメッセージは「Oracleからの移行先として最適だ」という点が強調されていた様に思いますが,最近は少し変わってきたように思います。つまり,現在動いているOracleのDBと同じことができる点はあまり訴えなくなっていて,それよりも,これから未来のもっと新しいニーズに応えていこうとしている様に聞こえます。これから,EDBがPostgreSQLと一緒に「こういうことを実現していきたい」と考えているものはありますか?

(Ed) とても重要な点です。私も経験しているがデジタル変革は,今までみたこともないようないろんなアプリケーションが登場してくるでしょう。それらのアプリはいろんなデータセンターやまたはクラウドで稼働するようになってきています。EDBはそのためにいろんな枠組を開発して提供しつつありますが,Postgresがその媒介としての役割となるように,また,新しいアプリケーションに対応できるようにと考えています。EDBが開発した新しいBigAnimalが,これから登場してくる新しいアプリケーションの交差点のような役割を担えればと思っています。また,Kubernetes,つまりコンテナ環境でPostgreSQLを稼働させるオペレータにもEDBは寄与しています。分散したグローバルなシステムをいかにまとめていくかという点でも,業界でも一番人気のある製品になっています。

Edさんとデータベース部会溝口


10:00 | 開催報告
2022/10/21

Postgres Vision Tokyo 2022のパネルディスカッションに参加

Tweet ThisSend to Facebook | by データベース部会

Postgres Vision Tokyo 2022のパネルディスカッションに参加



9月7日~9日に「EDB Postgres Vision Tokyo 2022」がオンラインで開催されました。今回は,私たちOSSコンソーシアムのデータベース部会も一部で関わらせていただきました。
PostgreSQL関連では日本国内にて恒例開催される代表的なイベントがいくつかありますが,Postgres Vision Tokyoもそのひとつです。3日間に20のセッションが設けられました。
私たちが参加させていただいたのは,初日の基調講演「デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速する中で考えるべきデータベースのモダナイゼーションの方向性」に併設のパネルディスカッションです。

このパネルディスカッションの概要を含め,Postgres Vision Tokyo でのいくつかのセッションを取り上げた報告を,技術評論社のgihyo.jpに連載中の「OSSデータベース取り取り時報」第86回(2022年10月3日)に寄稿していますので,ぜひお読みください。

PostgresVisionTokyoパネルディスカッション
12:00 | 開催報告
2022/04/15

【5/20開催】第12回 オープンCOBOLソリューション部会セミナー

Tweet ThisSend to Facebook | by 東京システムハウス(株) 井坂

第12回 オープンCOBOLソリューション部会セミナー
 ~DXと基幹系システムへのオープンソース適用~

 OSSコンソーシアムでは、基幹系システムへのOSS適用とその鍵となるCOBOLコンパイラopensource COBOL、PostgresSQL向けの埋め込み型SQLプリコンパイラOCESQLを公開してまいりました。また、海外のコミュニティでは、ヨーロッパのコミュニティを中心にGnuCOBOLとして開発されているCOBOLコンパイラも提供されております。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が企業ITシステムの課題として取り組みの必要性が唱えられております。多くの企業の基幹システムにはCOBOL資産が残されており、その資産を将来どう取り扱うかがDX推進の課題でもあります。 本セミナーでは、IPA様のDXご担当者の講演とユーザ企業の担当者による本音で語る座談会を通じて、多くのCOBOL資産を抱える基幹システムの今後を考えてみたいと思います

■開催日時:2022年5月20日(金) 14:00-15:40
■開催会場:Zoom ウェビナー(オンライン開催)
■主催:OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会
■参加費用:無料
■定員:100 名
■対象:基幹システムへのオープンソース適用に興味のある方、
    COBOLのマイグレーションに興味のある方
■お申込み: 
http://www.osscons.jp/osscobol/inquiry/

■プログラム(※講演内容、時間は変更になる可能性があります)
14:00~14:05 『ご挨拶』
                         OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会 リーダー
                         比毛 寛之
14:05~14:30 『[基調講演] IPA のプラットフォームデジタル化指標でIT課題を見える化する』
                         独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)   社会基盤センター
                         DX推進部 技術DXグループ
                         溝口 則行 様
14:30~14:45 『オープンCOBOLソリューション部会の紹介』
                         OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会
                         上野 俊作
14:45~14:50 休憩
14:50~15:30 『専門家大集合!座談会』
                         OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会各社
15:30~15:35 『OSSコンソーシアムの紹介』
                         OSSコンソーシアム 顧問
                         山崎実 
15:35~15:40 質疑応答

<お問合せ>
本件に関するお問合せには、OSSコンソーシアム事務局までお願い致します。

<参考URL>
■opensource COBOL(Github)

■Open-COBOL-ESQL(Github)  PostgreSQL COBOLプリコンパイラ

■opensource COBOL4J (Github) Java ソースコードを中間コードとして出力するCOBOLコンパイラ

■Open-COBOL-ESQL-4j (Github) opensource COBOL4J用のPostgreSQL COBOLプリコンパイラ

■GnuCOBOL

以上
18:02
2022/03/18

▶資料&動画を公開▶ [開催報告] 3/11,「OSSをDX戦略に組み込む」(OSC春)

Tweet ThisSend to Facebook | by OSSコンソーシアム広報委員会
3月11日と12日に開催されるオープンソースカンファレンス(OSC)2022 Online Springの1日目に,OSSコンソーシアムが企画セミナーを実施しました。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の戦略にOSSがどの様に組み込めるのかを,OSSコンソーシアムの各部会が集まって考えます。また,日本のDXの推進役である独立行政法人情報処理推進機構(IPA)に基調講演を行っていただきました。

※ OSC 2021 Online/Spring 1日目セミナープログラムはこちら

 【資料とビデオの公開について】
・基調講演を含む全発表のスライド資料を公開しました。
・3月23日,セミナー動画もオープンソースカンファレンスの公式チャンネルで公開しました。


■この企画は‥

DX(デジタルトランスフォーメーション)の戦略にOSSがどの様に組み込めるのかを,OSSコンソーシアムの各部会が集まって考える座談会型セミナーを企画しました。DX実現に寄与できるITシステムの“あるべき姿”に,OSSは役に立てるのかについて,各部会からの発表に加えて参加メンバで話し合いました。

第1部では日本のDXの推進役である独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が基調講演を行います。IT企業が適切なDX提案を行うために、ユーザー企業のITシステムの課題を見える化する方法について解説します。

第2部と第3部では,OSSコンソーシアムの部会代表者と有志により,OSSがIPAのプラットフォームデジタル化指標が示す課題を解決できるのかを発表・議論しました。
 ・データベース部会
 ・オープンCOBOLソリューション部会
 ・分散コンピューティング部会
 ・全体を通したディスカッション

■第1部 [基調講演]IPAのDX推進施策,他




■第2部〜第3部




■発表スライド資料とビデオ

↓↓ 以下につづく ↓↓
 下記の『>>続きを読む』のリンク をクリックしてください。

15:00 | 開催報告
2022/02/23

3/11,「OSSをDX戦略に組み込む〜OSSでビジネスの枠組みを変える〜」(OSC春)

Tweet ThisSend to Facebook | by データベース部会/溝口

企画セミナー「OSSDX戦略に組み込む」をオープンソースカンファレンスで実施

311日と12日に開催されるオープンソースカンファレンス(OSC2022 Online Spring1日目に,OSSコンソーシアム企画セミナーを実施します

DX(デジタルトランスフォーメーション)の戦略にOSSがどの様に組み込めるのかを,OSSコンソーシアムの各部会が集まって考えます。もちろんデータベース部会も参加します。また,日本のDXの推進役であるIPA(情報処理推進機構)が基調講演を行います。

 

開催日時

2022311() 14:0016:45

タイトル

OSSDX戦略に組み込むOSSでビジネスの枠組みを変える〜

配信

ZoomおよびYouTube Live (オープンソースカンファレンス内)

概要

[基調講演] IPADX推進施策

〜プラットフォームデジタル化指標でIT課題を見える化する~

独立行政法人情報処理推進機構社会基盤センター DX推進部

[OSSコンソーシアム部会発表&ディスカッション]

OSSDX戦略に組み込むOSSでビジネスの枠組みを変える〜

1部でのIPAの基調講演で提示されたDXを推進するための指標にOSSは応えられるのか?OSSコンソーシアムの各部会が,それぞれのジャンルの中でDX(デジタルトランスフォーメーション)にどの様に向かっているのかを発表し,パネリストのメンバと一緒に考えます。

発表および参加メンバ

- データベース部会

- オープンCOBOLソリューション部会

- 分散コンピューティング部会

- OSSコンソーシアム有志

※プログラムは変更になる場合があります





12:00 | ご案内
12345