ソフトウェア紹介フォーマット

以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
*
*
*
*
*
*
*
*

キャビネット

 フォルダ
名前
サイズ
 

ビジネスアプリケーション部会Blog


2011/08/24

「あなたは騙されている。eラーニングシステムの本当の使い方」を聞いて

Tweet ThisSend to Facebook | by:nagahara

タイトル、やっぱり刺激的ですよね。(笑)

「あなたは騙されている。eラーニングシステムの本当の使い方」


また、サブタイトル『中堅企業の業務に最適なオープンソース活用セミナー』

なので、IT屋さんの私としては、お客様への適用をイメージするネタにさせて頂きました。


冒頭から、

社員教育、他人に任せっきりになってませんか?


という、考えさせられる問いかけからスタートしました。



講師の株式会社廣告社ぶれいんの湯澤様

OJTとOffJT、建前と本音、乖離しすぎてませんか?


なんていう問いも。
なんか、社内教育をついつい、仕様書を書くように定型化して考えそうだった私は、かなりのショックを受けながら、良い勉強になりました。


また、社内教育をついつい、教育する側の立場から考えてしまっていた私は、

受け身の教育課程を終了しただけでは、良くないですよね。


という話も、すごく考えさせられるものでした。
教える側からの視点だけでなく、習う側の視点に立つ。システム屋さんにも、そういった考え方があると、より良い提案が作れるんだろうなと実感しました。

Moodle という言葉の商標権についても、受講者も含めて様々な情報を提示して頂き、勉強になりました。
まだ私がうまくまとめられないので、気になる方は検索して調べて頂くか、湯澤様に聞くなどしてみてください。

フリーディスカッション


今回のセミナーは「フリーディスカッション」の時間があり、面白かったです。
質問について、受講者からも意見や回答がありました。
IT セミナーなので、Moodleでどうビジネスしているのか、使い方は?など、知りたいことを聞けたのは良かったです。

会場にはMoodle を組織内で使用しているユーザー様もいて、皆がうまく使ってくれるためのコツも聞けました。

大手の外食チェーンでシステム部の責任者を経験した湯澤様だから、説得力のある「社内教育」のあり方について、これだけ話ができるのだな。と感心のセミナーでした。

参加者も29名いらっしゃたようです。
多くの方がMoodle やeラーニングシステムに関心を持っているのだなと実感できました。



懇親会も15名ぐらい参加されていて、eラーニングについて皆様がどんな商売されているかなど聞けて、勉強になりました。
11:14 | ご報告