トップ > 部会活動

部会&セミナー情報

部会&セミナー情報 >> 記事詳細

2019/10/16

「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況」@OSC開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:TIS株式会社
2019/10/16: 4件の発表資料を掲載しました。
2019/10/31: gihyo.jpの記事でのセミナー報告掲載のお知らせを追記しました。
2019/11/1:   発表ビデオを掲載しました (2つ)。

10月10日(木),事前のお知らせのとおり,オープンソースカンファレンス2019.Enterprise(東京・渋谷)に出展しました。今回は,オープンCOBOLソリューション部会とデータベース部会が担当,両部会と他団体で特別企画セミナー「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況 ~もちろんOSS視点で~」を実施し,ほぼ満席となる多くの方にご聴講いただきました。


■このセミナーの概要

OSSコンソーシアムオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)の共同企画です。企業ITに使えるOSSの最新状況をお伝えするもので,今回はITモダナイゼーションの観点から、opensource COBOLでのOSSデータベース接続やDockerコンテナ対応の話と,代表的なOSSデータベースの最新情報をパッケージにしました。企業ITシステムのプラットフォーム選択の一助としていただけたのではないかと思っています。

■内容と発表者

 [1] ITモダナイゼーションとOSSデータベース 井坂 徳恭
東京システムハウス,
OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会
 [2] MySQL Update
 稲垣 大助
Oracle Corporation MySQL GBU
 [3] PostgreSQL12新機能紹介 北山 貴広
SRA OSS Inc. 日本支社,
OBCI
 [4] MongoDB Update
 有延 敬三
MongoDB
  (司会&火付け役)溝口 則行
TIS,OSSコンソーシアム副会長,OBCI理事

■内容について

「OSSデータベース取り取り時報」第51回 (技術評論社の情報サイト gihyo.jp) に,本セミナーの概要報告が掲載されています。是非そちらもご覧ください。







■発表スライド資料とビデオ

↓↓ 以下につづく ↓↓
 下記の『>>続きを読む』のリンク をクリックしてください。

13:00 | 開催報告