オープンCOBOLソリューション部会Blog

オープンCOBOLソリューション部会Blog
12345
2024/01/16

GnuCOBOL 3.2 OSSCons patch1リリース

Tweet ThisSend to Facebook | by 東京システムハウス(株) 井坂
オープンCOBOLソリューション部会です。

2024年1月16日に  GnuCOBOL 3.2 OSSCons patch1 を公開しました。

■Githubリポジトリ
https://github.com/opensourcecobol/gnucobol-osscons-patch/releases/tag/3.2patch1a

GnuCOBOLでは2023年7月に約2年ぶりとなる新バージョンGnuCOBOL3.2がリリースされました。

かなり多くの改修が加えられており、新規格であるCOBOL2023への対応や、日本ではあり馴染みがありませんがGCOSをはじめとしたメインフレーム互換機能など、多くの機能追加、改善が行われています。

今回のGnuCOBOL3.2 OSSCons patch1では、新規リリースされたGnuCOBOL3.2をベースに過去、GnuCOBOL3.1.2向けにリリースしたpatch1、patch2の機能を取り込んだバージョンになります。

主な機能としては、以下になります。

* ソート機能をCOBOLプログラム中から呼び出せるEXTSMの実装
* 日本語項目PIC N(SJIS文字操作)の実装

GnuCOBOLは、opensource COBOLと同じOpenCOBOLを元とするオープンソースのCOBOLです。

■GnuCOBOL(本家)
https://gnucobol.sourceforge.io/

私たちは、GnuCOBOLに対して、opensource COBOLで開発した日本国内向け機能を適用することで、ベストなオープンソースのCOBOLプラットフォームが提供できると考えています。このプロジェクトは、GnuCOBOLからの完全なフォークを行うのではありません。GnuCOBOLのバージョンアップに合わせて更新をしていきます。また、GNUのコミュニティと連携し、私たちが開発した有用な機能はGnuCOBOLにも取り込まれる予定です。

今後も、OSSコンソーシアムCOBOL部会として、OSSCons patchの開発とGnuCOBOL本家への開発貢献を行っていきますので、ご期待ください。

ご不明な点は下記までお問い合わせください。

OSSコンソーシアム オープンCOBOLソリューション部会
・メール:ws-opensource-cobol-contact@osscons.jp
Github Issue(gnucobol-osscons-patch)

以上

12:00
12345